耐久性の強い土のう袋を使用【土木工事必須アイテム特集】

土のう

現場で使うシート

工事

現場シートは別名養生シートや安全シートとも呼ばれ、建設現場において建物の周囲に組まれた仮設足場の周囲に貼られるものです。一般的には建築資材や金具類の落下、防音や遮音の目的をも果たすものです。最近はこれに会社名やロゴマークを入れて宣伝も兼ねるようになって来ています。

ガラス破損による怪我防止

工事

今現在では多くの地震や大規模な地震が多くあります。その揺れなどが起きる事で窓ガラスが割れたりします。ガラスが割れるため破片が飛ぶ可能性があるため、使用していきたいのが飛散防止フィルムであり、この問題を解決出来ます。

油の流出を防ぐ道具

オイル

ほとんどの家庭には何かしらで脂を使用されている事でしょう。その油は利用どころが多くさまざまな場面で使わていています。そんな油は使い方を間違えますと危険と隣り合わせてなっている事から油処理剤を使用しなければなりません。

土木業務の重要商品です

作業員

応急道具の必需品です

土のう袋は、一般の生活者には馴染みはそれほどないかもしれませんが、日常の様々な場所で私たちは見ている商品です。例えば、工事の施工段階の土の崩壊を防ぐために積まれたり、あふれた排水の流入を防いだりと、実際は良くみているはずです。特に大きな道路などの場合は、「大型土のう」と言われる1m四方の土のう袋が大量に積まれているのを、運転している時に一度は見たことがあるはずです。通常は工事の仮設物として使われ、土のう袋の中身は工事で使う土や残土などです。そのため、工事後は土を出せば、袋しか残らず非常にゴミとしても少量化できるのが魅力です。材料は麻などで出来ている場合が多く、かなりの土を入れても破れない耐久性が人気です。

あくまでも仮設用品です

非常に使いかっての良い「土のう袋」ですが、あくまでも仮設用品なのでそれなりの耐久性があっても、あまりにも長期間にわたって使うのは注意が必要です。また、中身は土なので完全な止水性があるとは言えないので、水の流入などを防ぐためには本当に一時的な役割にとどめておくことが必要です。特に盛土の崩壊防止のために積んだ土のう袋は、盛土の状況は時間とともに変化するので、設置したからと安心していると盛土が崩壊して土のう袋を押し流して周辺地域に被害が出る場合があるので、できるだけ早く撤去できる状況にするのが望ましいでしょう。また、ホームセンターなどで一般の人も手軽に購入できるので、庭などで使う人も役割にあった使用を心掛けた方が良いです。